つらつら

日常の出来事や本の感想をつらつらと書いていきます。
2005 051234567891011121314151617181920212223242526272829302005 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

凝視するアメリカ人  -国民性の違い-

凝視するアメリカ人  -国民性の違い-



5/2 から始めた「NHKラジオ 基礎英語1」は

なんとか続いています。

英語の勉強も大切ですが、外国人と会話するためには、

ある程度国民性を理解しておいた方が良いです。


というのは、私が中学の時、アメリカ人の英語の先生に

戸惑いを感じたからです。

英語の勉強よりもまず先生に慣れなくてはと

思った程です。


例えば、テスト返しの時、以前よりも点数が

下がっていたりすると、「Oh!」と言った後

英語で何だかよくわからないコメントをボソボソと

呟きながら、露骨に嫌な顔をするんですよ~!

    ※ ohとは おお,おや,まあ,あら の意味です。

逆に成績が良かった時には、満面の笑みになるんです。
  (またそれがいい笑顔なのです。)


よく顔が疲れないなぁと思うぐらい、一人ひとりに

合わせた表情を みんなの前で やります。 だから、

「あ~ 今回A子さんの点数は良かったんだな」とか、

「こりゃ、B男はかなり悪かったな」などと

すぐに分かっちゃうわけです!!

      英語が苦手な者にとっては非常に困ります。。。


日本人はたいていポーカーフェイスなので

こういうことってあまりないですよね。

また、生徒にニックネームを付けて授業を行う

先生もいます(メアリー、ジャックなど)。


アメリカ人はおおらかで表情豊か、言動がオーバー、

友好的な人が多いです。

肩や背中を触ったり抱きしめたり・・・などの

スキンシップが多いです。


怒りたいときは遠慮無く怒るし

突然 大声で歌い出すし(謎)、

言いたいことをズバズバ言うし

時間にはちょっとルーズだったり

目が合うと凝視されるし
(睨んだ表情のままの人や、ニコッと笑ってくれる人
 いろいろみえますが、絶対に目をそらしてくれない(笑))


これらは日本人からすると

「図々しい」「わがまま」に思えることも。


しかし、最初は国民性の違いに戸惑うかもしれませんが、

会話では、英語がわからないから話さないという人よりも

多少間違っていても知っていることから積極的に話そうという

態度の人のほうが、好感を持ってもらえます。


スポンサーサイト
[ 2005/06/25 16:32 ] つらつらたらたら日記 | TB(0) | CM(-)

日本の湿気で体調崩す外国人

日本の湿気で体調崩す外国人



毎日毎日蒸し暑いです。

日本は湿気が多いです。

空気重いです。


今の季節になると(とくに梅雨時)、「頭痛がする」

「気分が悪い」などと訴える外国人がいます。

英語の先生もそうでした。


また、頭痛持ちの友人が旅行でアメリカに滞在中、

一度も頭痛に悩まされなかったと言っています。


     湿気パワー 恐るべし


[ 2005/06/20 19:22 ] つらつらたらたら日記 | TB(0) | CM(-)

O157を作るのは難しい

O157を作るのは難しい



最近毎日蒸し暑いです。

さて、そろそろ食中毒が心配な時期になってきましたね。
食中毒が最も多発するのは7~10月です。
高温多湿で、病原菌の増殖の条件が良いからなのですが、
夏バテなどの体力低下で中毒症状が出やすいという面も
あります。
冬は減少しますが、暖房設備があるので注意です。。


私はこの季節になると、微生物の実験で O157の検出に
失敗したことを思い出します。

 O157とは

O157(おーいちごーなな)は、O抗原として157番目に認定された
大腸菌のことですが、腸管出血性大腸菌 O157:H7を指すことが
多いです(O157:H-も腸管出血性大腸菌)。
この菌は、ベロ毒素というタンパク質を産出します。
感染力が非常に強く、集団食中毒を引き起こしやすい。
熱や真水に弱いです。
「O157」の「O(オー)」はドイツ語の「ohne Hauchbildung」
(意味は「曇りを生じない」)の頭文字です。




     O157を作るのは難しいです。




操作方法は、サンプルに増菌培養を行って検出可能なレベルに
なるまで増菌した後、結果を判定します。
この実験では、なかなか陽性反応が出ませんでした。
まわりの友人も陰性だったり別の菌を検出していたり。
顕微鏡でスケッチしたレポートを提出しなければならなかった
のですが、結局私は黄色ブドウ球菌ができたので、それを描きました。
それで単位をもらいました il||li _| ̄|● il||li


(黄色ブドウ球菌はこんな感じです)


 ○
  ○  ○  ○
  ○ ○  ○
   ○ ○ ○  ○
   ○○○○
 ○  ○○○  ○ ○
     ○○○       ○
       ○○ ○  ○  
   ○   ○
    ○     ○   ○
      ○
    ○  ○○  ○ 


食中毒の予防は、洗浄・消毒を徹底したり、食品を十分加熱処理
する方法などがあります。
野菜と肉のまな板を使い分けるのも良いです。
特に、これからの季節は気を付けましょうね。


[ 2005/06/18 20:12 ] つらつらたらたら日記 | TB(1) | CM(-)

スポンサードリンク

プロフィール

つらつら

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。