つらつら

日常の出来事や本の感想をつらつらと書いていきます。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

部屋の中に虹を作る

部屋の中に虹を作る



以前に東の空で、同時に3つの虹を見たことがあります。

二重の半円の虹のすぐ隣に、一重の半円の虹がありました。

3つともくっきりとした半円で、感動したことを覚えています。


でも虹は、見たい時にはなかなか現れてくれません!

なので、自分で作ってしまいましょう。


そんなわけで今回は、家の中で虹を作る方法をご紹介します。

とても簡単なので、試してみてくださいね。



【方法1】 用意するもの・・・ 洗面器、手鏡、水

1、 水を多めに入れた洗面器を日の当たる場所に置く
2、 1の水の中に手鏡を入れて、手鏡に映った太陽光を部屋の壁に反射させる

以上です!

手鏡をいろんな方向に動かすと、できます。

虹ができるのは、太陽の位置と反対方向です。

例えば、夕方は西日なので、東側の壁に虹ができます。


これは私が小学生の時に、学校の図書室で借りた本に載っていた方法です。

本のタイトルは忘れましたが、小学生でも簡単です。



【方法2】 用意するもの・・・ サンキャッチャー(Suncatcher)

※ サンキャッチャーとは、カットされたガラスやクリスタルに
  ワイヤーや紐などが付いていて、
  窓際に吊り下げて太陽光を投影するものです。

方法1よりも簡単です。

日当たりの良い窓辺にサンキャッチャーを吊るすだけでOKです。

クリスタルの数とカットが多いほど、部屋の中に沢山の小さい虹を

作り出すことが可能です。

この方法は、風水でもよく用いられますが、風水に興味のない人でも

楽しめると思います。

スポンサードリンク


[ 2013/03/01 20:03 ] 色の魔法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

つらつら

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。