つらつら

日常の出来事や本の感想をつらつらと書いていきます。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

方向オンチをある程度治す方法

方向オンチをある程度治す方法



私は方向オンチです。

そんなにひどくはないけれど、

蛇行道が続けばもうだめです。


車にはカーナビが付いていません。

買いたくてもいろんな種類があって迷ってしまう。


以前のカーナビは、

遠回りになっても指摘してくれず、

そのままナビを続ける、

というものだったらしい。


最近はかなり良くなってきて、

『最短距離』や『渋滞』も

教えてくれるようになったそうだ。


地理勘バッチリな友人は

「カーナビ」自体は嫌いではないが、

「カーナビ」を見ている人の態度が気に入らない、と言う。

運転中、そればかり見て自分が話し掛けてもうわの空、

適当に相槌を打たれるのが嫌なんだと。。

 ( そりゃ運転する人は必死ですから。。。

  でもまぁ そういう人ばかりじゃないと思います )


                *


さて今回は、私が苦労の末(?)に編み出した

『 方向オンチをある程度治す方法 』を

紹介したいと思います!



          *     *     *     *     *



方向オンチをある程度治す方法



1、 方位磁石を持っていないとき - 方角から方位を推測


  ・ 太陽の位置で確認。 朝なら東、正午は南、夕方は西で輝いている。


  ・ 月の位置で確認。

     * 新月(●・太陽と0度) → 太陽と同時に出ているから見えない。
     * 左側が欠けた三日月( C と反対の形の月・太陽と30度)
          → 太陽が沈みかける夕方の西の空に出現する。
         明るく光る宵の明星(金星)と共に見えることもある。
     * 上弦の月( D の形の月・太陽と90度) → 夕方に南の空に。
     * 満月(○・太陽と180度) → 深夜 0時に南中する。
     * 右側が少し欠けた月 → 朝 6~ 7時位に西の空。
     * 下弦の月( D と反対の形の月・太陽と90度)→ 夜更けの頃
         東~南あたり。
     * 右側が欠けた三日月( C の形の月・太陽と30度) → 日の出
         直前の東の空に。明るく光る明けの明星(金星)と共に
         見えることもある。


  ・ 星の位置で確認。 特別な星を覚えなくても良いです。

      【 北の方角 】

     * 北極星 → 一年中ほとんど動かずに、北の空に位置している。
             北の方角の目印になるが、2等星なのでちょっと見づらい。
             北斗七星とカシオペア座の真ん中位にある。
     * 北斗七星 → 北天にある大熊座の七つの星。ひしゃく(斗)の形に並ぶ。
     * カシオペア座 → 北の空に浮かぶ大きな「W」字形の星座。


      【 北以外の方角 】

     * 蠍座、オリオン座、シリウス等は 東から昇って南へ行き西に沈む。
        これらは、星に詳しい人ならわかると思いますが季節と時間帯に
        よって見える方角が違います。しかし北に来ることは絶対に無いです。





    

 では曇り、または雨で空が見えない場合はどうするのですか。
 






  ・ そこの土地の家で判断。

      ベランダや物干し竿はたいてい日当たりの良い南側にある。
      一軒だけでなく数軒見てみる。
      南玄関の家も多い。


  ・ 看板や電柱を参考に。

      看板や電柱にある表示を参考にする。





       

 では曇りまたは雨で空が見えず四方八方が同じ風景の

 山の中で家も看板も電柱も無い場合はどうするのですか。
 













もうだめぽ  ●| ̄|_










○ どうしようもなく迷ったら、とにかく大きい道へ出ましょう。
   案内の表示が多いし、途中コンビニに入って聞いたり、
   そこで地図を買ったりできるからです。
   細い道をムリヤリ進むとますます(゚Д゚)ハァ?になることが多いのです。。

○ 帰り道で迷わないようにするためには、行きで目印になるものを
   (書き留めたりして)覚えておきましょう。また徒歩の場合、
   時々後ろを振り返って確認すると良いかもしれません。

   なぜなら、
     ・ 右側にあった建物は左側に。
     ・ 目立っていた赤い看板は、後ろ向きに。

   など、同じ道でも行きと帰りの景色が違うために
   わからなくなるからです。

○ 初めて来た駅で迷った場合は、とにかく上を向いて歩いてください。
   上に矢印や案内が書かれているので人に聞かなくてもわかります。

○ 店内で迷ったら 案内図を見るか店員さんに聞きます。 
 





2、 迷ったときのお助け カー用品(カーナビ以外)


  ・ やはり方位磁石(方位磁針)は必須でしょう。

    100円均一店にも売っています。
    私は持っていませんが夜でも見える光るタイプも良いかもしれません。
    (カーショップ店にて2000円程で購入できるかと)
    これは、車のシガーライターソケットに接続するタイプです。
    ただ、トラックなど大型車のシガーライターソケットについては
    よくわからないので、自分の車に合った商品を購入してください。


  ・ 道路地図

    詳しくて、自分が見てわかりやすいものを選びましょう。
    車の助手席などに置いても、すぐに閉じていかない本だと
    使いやすいです。多少高価な本を購入すると重宝します。


  ・ シガーライターソケットに接続するタイプの懐中電灯

        こんなのです ↓


          


    名称は忘れました。懐中電灯のようなものです。
    右図の形で売っていて、普段はコンパクトにできます。

    夜道で迷うと暗いために道路地図が読めません。
    車内照明を点灯する方法もありますが、外は真っ暗なため
    車内が丸見え、目立ち過ぎます。
    これは一部分だけを照らしてくれるので助かります。
    小さいのにけっこう明るいのです。また軽量でよく延びます。
    私はこれで地図や、光らない方位磁石を照らして見ています。
    カーショップ店で2000~3000円程で買えたと思います。。



          *     *     *     *     *




以上の事を実行すれば、

少しは 方向音痴を克服できるかもしれません!




            それではがんばってください。


スポンサードリンク


[ 2005/05/17 18:17 ] つらつらたらたら日記 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

つらつら

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。