つらつら

日常の出来事や本の感想をつらつらと書いていきます。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏の天の川が冬の天の川よりも濃く見える理由

夏の天の川が冬の天の川よりも濃く見える理由



★☆★ 今日は七夕ですね ★☆★


今夜は、天の川の両側の岸辺に住む、べガ(織姫)と

アルタイル(彦星)が一年に一度会える日です。

みなさんは、短冊に願い事を書いたり

折り紙で笹飾りをしたりしましたか?


今日は天の川について書きたいと思います。


天の川は銀河系の星達なのですが、

夏が一番良く(濃く)見えるのです。

理由は、夏の天の川は、銀河系の中心方向を

見ることになるからです。


図を見てみましょう。  下図は横から見た銀河系の様子です。

が太陽の位置で、 その付近に地球があります。

矢印は季節によって天の川(銀河系)を見る方向を表しています。


   


この図から、夏方向に見ると銀河系の星の数が多いことが

わかります。 これに対し冬は逆方向で、星が少ないですよね。

星の数が多いほど天の川をはっきりと見ることができるので、

夏は見やすく冬は見づらいという結果になるのです。

春、秋の方向でも冬同様に銀河系の星が少ないので、

あまり見えません。


            *


みなさんは天の川を見ましたか?


こちらのほうは、さっきまで雨が降っていました。。

しかし晴天であっても、天の川を見ることは難しいです。

山へ行かないといけませんね (´∀`)


スポンサードリンク


[ 2005/07/07 23:16 ] つらつらたらたら日記 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

つらつら

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。